清想空

若里清によるオリジナル小説サイト

©2020 Sei Wakasato All Rights Reserved.
無断転載等のことはしないでください。

open05.04.12
もう一度会えた翌朝に 後編
「やだ、やだ、……川田、やめ、……おねが、い……」
泣きそうな声が口からもれた。もう川田を振り向いていることもできなくて、枕に頭を横向きにのせて懇願した。
嫌だと繰り返すと、川田はほんの軽く中に入れていた指を抜いた。ほっと息を吐いた次の瞬間、光琉は身体を引きつらせた。川田が指先にローションを足していきなり奥まで突き込んできた。しかも入口を慣らすように二、三回抜き差しするとすぐに指を足した。
光琉の窄まりが二本の指によって広げられる。
「あ、あ、あっ……い、や……っ」
「ほら、村野、力抜いて」
「や、あぁ……できな、い……」
二本の指がぐちゅぐちゅと音を立てながら出入りする。強引に開かれた淵が軋みを訴えていて、川田がなだめるように背中に口付けを落としても身体から力を抜くことができない。
「かわたっ……かわ……っ」
指を強引に突き入れられて微かな痛みを感じるのに、退く指が襞をじっくりとなぞっていく感触にすぐにかき消される。身体の内をなぞられて気持ち悪いのに、指にいたずらにかき回されるだけで窄まりから背中を何かが走る。ぞくぞくとしたそれは肩甲骨の間から首にかけて溜まって、溜まり続けて消えてくれない。
それを快感だと認識することもできないまま、光琉はシーツを掴んだまま背中を震わせることしかできない。
「あっ……い、たぁっ……あ、あ……」
川田が指をさらに増やす。淵がぴりりと痛んだ。
太く纏められた指がぐりぐりと光琉の中を擦る。より深く深くへと潜り込ませる手付きには容赦がない。痛みと何とも言えない違和感、それと気持ちの悪さに苛まれる。
「村野」
顔を見せてと言われて少しだけ振り向いた。
「かわいい顔だ」
ぴたりと背中に川田が覆いかぶさってくる。荒い息が耳元で楽しそうに笑った。
「今度は俺が腸内洗浄してやるからな」
「……?」
意味がわからずぽかんとした表情を見せた光琉にもう一度川田が笑った。
すぐに音を立てて三本の指を突き込まれて口からは悲鳴が飛び出した。
「あああっ」
ぐりっとしこりの部分を強く擦られる。身体が大きく跳ねて、同時にいつの間にか痛みで萎えていたはずの性器が揺れた。雫がつ、と垂れてその感覚に腰が揺れる。
前立腺を擦られたのだとわかったときには指は光琉の中から抜かれていた。なくなった違和感と痛みにほっと息をついて腰を落としたのも束の間、また腰をあげてと言われて嫌だと言っても聞き入れてはもらえず、結局膝を立てさせられた。
背後からジリ、という金属音が聞こえて光琉は息を詰める。川田が履いていたジーンズのファスナーを下ろしたのだ。
衣擦れの音がして、すぐに指が入っていた窄まりに熱いものが押し付けられた。尻を割る、質量を持つぬるりとした感触に身構える隙もなく川田が入ってきた。
膨らんだ先端が淵をぎりぎりまで広げていく。埋められていた指よりはゆっくりとした動きだけど、さっき傷ついたところをさらに擦られるようにされて痛みが酷い。そのせいで身体はがちがちに固まって、切れ切れにしか言葉が出ない。息もうまくできない。
「は……あ……」
「村野、息吐け」
息を吐いて力を抜けと言われても、できなくて首を横に振るので精一杯だ。身体が強張って、そのつもりはなくても窄まりが入りかけた川田の性器をきつく食い締める。自分の身体なのにうまくコントロールができない。
「いた、い……。い、たい、かわた……。やめ……」
やめてほしいといくら言っても川田はやめてくれない。それどころか締め付けられて川田も楽ではないだろうに、ぐ、ぐ、と光琉の中に押し込もうと腰を進めてくる。あまりの痛みに生理的な涙が浮かぶ。
「ひ……っ。む、り、だ……っ」
「村野」
項に口付けられて、甘ったるい声で名前を呼ばれた。ちゅ、と音を立てながら首筋を吸われて、川田の手が胸に当てられる。
「ひゃ……あっ」
胸の突起をつままれて身体がわずかにのけぞる。上下に引っ張られて指先で潰されて転がされて、じんとした快感が下半身に伝わっていく。反動で窄まりが動いてきゅうっと川田の性器に吸い付くのがわかった。
そこが、男でも快感を得られる場所なのだと初めて知った。
胸に触られているだけで、こすってもらえない性器がひとりでに震えてまた雫を垂らす。ぱたりとシーツの上に落ちる音がして、もらしてしまう自分が急に恥ずかしくなった。
それでも痛みを凌駕する、痺れるような快感に身体に力が入らなくなってくる。下半身にはぎちぎちに力が入っているのに、上半身はぶるぶると震えて快感を堪えるのに精一杯だ。
「あっあっあっ……ああっ」
口からは乳首を弄られるたびにいやらしい声がもれる。それが自分の耳に入るのが恥ずかしい。
村野、村野、と何度も川田が名前を呼んでは熱のたまる首の付け根を吸い、胸を弄る。ようやく性器を擦ってくれたときには、光琉は膝を立てているのがきついくらい感じきっていた。
快感にひくひくと窄まりが蠢くのを感じた瞬間、ずるりと川田の性器が一気に入ってきた。
「あああああっ」
「……っ」
突然の衝撃に身体中に力が入って息が止まった。シーツを掴んだ両手に筋が浮かぶ。同時に閉じた瞳から涙がぼろぼろと零れ落ちた。
奥まで川田がいっぱいに入っている。熱い楔が、どくどくいっているそれが自分の身体を貫いている。それを自分の身体がぎゅうっと締め付けている。
「か、は……ぁ。あ、あ……」
「く、村野、きつい」
食いちぎられそうだと苦笑した川田が横を向いた光琉の口に強引に指を含ませた。
「む、ん……」
「舐めて」
ちゅ、とこめかみに口付けられて知らず浮いていた汗を吸い取られた。少しだけ伸びた爪に上顎を引っかかれてぞくりと背中に快感が走る。それを合図に、川田が腰を強く掴んで光琉の身体を揺さぶり始める。
「ああ、ああ、……あっ、ふ……ん、ん……あぁ……」
がくがくと背後から揺さぶられて、衝撃に止まらない涙が次々とシーツに吸い込まれていく。痛くて辛いのに、川田の熱が突き込まれるたびに口から喜ぶような声がもれた。
光琉の中に入り込んだ川田がどんどん大きくなる。動きもますます速くなって、何も考えられないくらいすごい。指を抜かれた口からはひっきりなしに声がもれるままだ。
「い、たあ……あぁっ」
「ん……っ」
いきなりがつんと腰を打ちつけられて、大きく仰け反った。
一瞬川田がびくりと震えた。と同時に身体の奥に熱いものが掛けられる感触がして、光琉の背筋に悪寒が走った。
川田に射精されている。その事実に身体が震えた。
「ひっ……い、あぁ……」
全て出し終えると川田は一度性器を抜いた。光琉の腰が支えを失って崩れた。
無理矢理開かれた身体の奥が痛む。ベッドに突っ伏したまま指を動かすのも辛かった。というより、光琉は自分の身体を思うように動かすこともできなかった。
なんだ、これ……。どうすればいいっていうんだ……。
考えることも億劫だと思考を放棄しようとしたそのとき、川田がまた光琉の身体をひっくり返した。
「……わっ」
そのまま腿を掴まれて脚を持ち上げられて、間に川田の腰を挟みこむような体勢にさせられる。光琉が焦って身を起こそうとしてももう遅い。
ぐ、と圧力を掛けられて川田の性器が再び入ってくる。さっきまでくわえ込んでいたそれを光琉の窄まりはそのままずるずると飲み込んでいく。一番張り出している部分が通るときに淵が痛んだ。
「あ……あ、あ……かわ、たっ」
「悪いね。まだ終わらせるつもりはないよ。大丈夫、村野のこともちゃんと気持ちよくするから」
「大丈夫、じゃ、ないっ」
「いいから、いいから、村野はとりあえず感じてね」
そう言って川田はまた腰を大きく動かし始める。今度は放っておかれたままだった光琉の性器にも川田の手が絡んできて、ぐちゅぐちゅにされた。
奥を突かれて性器を擦りたてられて、光琉は堪えようもなく快感と苦痛が入り混じった感覚に翻弄されて、もう理性だなんだと考えることもできなくなった。
「あん……あぁ……。も……む、り……だ……っ」
「無理じゃない、無理、じゃ、ない」
自身も汗を流しながらエロティックに笑う川田に抵抗する手段など光琉にはなくて、後は流されるまま、川田に求められるまま、身体を貪られた。
光琉がとりわけ大きく喘ぐところを探しては泣きじゃくるまでそこを弄る。それを繰り返されて、やっと行為が終わったときには光琉は意識を失うようにして眠りについた。

 

最後に川田が満足そうに笑うのを見て覚えた不安が、このあと現実のものになることを知るのは、また後日の話――。